学のない僕が本を読んだ

いろんな本の感想を綴っています。参考にならないものがあるのも悪しからず。

【感想】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)ネタバレなし

この記事は現在、こちらのブログで公開中です。